読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

運動を得意な子にする。ボール編/お手玉を投げる

幼児教室/その日の出来事
2歳2ヶ月
ベビーパークで教えてもらった、ボールを投げる遊び方。
 
まず輪を作ってその中に入るように好きにお手玉を投げさせます。
 
少しずつ距離を遠くしていきます。
 
自由に投げさせていたのを今度は線を引いて、
越えないで投げるようにルールを作って投げさせます。
 
うちではベビーパークで作り方を教えてもらった
透明ホースの中にスパンコールやビーズなんかを入れた
手作りフラフープを使っています。
 
長いヒモなんか使ってもいいと思います。
f:id:hm201109:20131213161756j:plain
 
正直、あまりむすめは投げるのが得意じゃないというか..センスがないというか..
親のひいき目で見たとしても
運動能力的にあまりいいな〜と思うようなところがないんですが..
 
話しはそれますが、運動能力的にダメだな、とか不器用だな、とか恥ずかしがりやだな、とか、、本人の前では決して言わないのが鉄則で、
本人は聞いていて傷つくし、それをやらない理由にしてしまう為なんだそうです。
 
話しを戻します。
いつの間にか、お手玉の投げ方がうまくなっていました。
以前は両手で投げたり、ボールを離すタイミングが悪くて足下に落ちていました。
 
コツが分かったのかな?
 
投げ方は、親が見せて、一緒にやって、目で見て学んで覚えるのが一番早いそうです。
2歳児にとやかく言って、手取り足取り教えてもなかなか身に付かないとのこと。
 
一緒に遊んでいるうちに、自然と覚えることの1つなんだろうな〜と思います。