読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

BabyPark(ベビーパーク)体験教室3回目/通い始めることに。

ベビーパーク体験教室3回目に行ってきました。

1回目2回目

2回目の時にいいんだけれど予算的に、厳しいので通わないと思います、
と書いたのですが、、、なんと

通うことにしました(^^ゞ

知育の授業自体は自分でマネて出来るしいいか~と
思ったのですが、

最近発売されたこの本▼

2回目に行った時に、お貸しいただいてたのを読んだのです。

この中にこどもに対しての接し方でハッとする箇所がありました。

わたしが響いたのは、
掃除を手伝ってくれたり、片付けをしたらほめるのではなく
「ありがとう」と伝えること。

ご褒美を貰えるから何かするのではなく、人を喜ばせることが
自分の喜びと感じ、喜ばせるために行動できる子に育つそうです。

わたしは「できたの!すごいね。えらいね」と言っていました。
これだと、褒められるためにする子になっちゃいますよね。。

叱る、というのも叱られるからやる、という子に
なってしまいます。

褒めると叱る、というのは他者からの言葉で何かをする子に
なってしまいます。

自発的に考えて行動できる子に育てたい、と思うならば
「ありがとう」と伝えるとよいそうです。

正直、とても感動してしまいました。
夜中に読んだのもあるかもしれないですが(;^_^A

自分が気づかずよかれと思って使っている言葉が
まさか意図せず、NGワードになってしまっていたなんて。


もちろん、この1つの事柄だけで性格が形成されるわけではない
ですし、生まれ持った性格もあります。

でも些細な親の言葉の積み重ねによって、
自発的に考えて行動できる子に育てれるのであれば
もっとこちらに通って知りたいと思いました。

もちろん教えていただいたことを自分で考えて
吟味する必要はありますが。

親が教えていただいたままにしてしまうのも、
考えていない親で、そんな親を見て育つ子になってしまいますしね..。


最近むすめは慣れない場所では、わたしの足にしがみついて
離れないことが気になり、そのことについてもお話した際には
わたしが「シャイみたいで」と言った所
先生がお子さんの前でその言葉は使わない方がいいですよ
と教えていただきました。

自分はシャイなんだ、と思い込んでしまったり
シャイだからやらない、とやりたくない場面で逃げるような子に
なってしまうかもしれない、とのこと。

ネガティブな決めつけるような言葉は、子どもの前で
言わない方がいいというのもなるほどと思いました。


確かに、自分が子どもの頃に
親が他人にわたしのことを話しているのを聞いて
自分ってそうだったんだ...とショックを受けたことがあります。

子どもが分からないと思い、本人の前で話していても
聞いて理解しているものなんですよね。


2回目の体験教室の時もそうだったのですが、
疑問や質問に対して、ほんの些細なことでも親身になって
アドバイスしてくださるのを心強く思いました。

本ではIQアップについても強調されていますし、
わたしも知ったきっかけはそこからだったのですが、
それだけではない可能性を感じています。

Amazonでは酷評されている本ですが、
体験教室に行かれたり入会を迷っている方には
オススメです。

今、ベビーパークはフランチャイズ化していて
教室が2013年には200教室になる計画だそうです。

ベビーパークで教わる母子が増えて、日本の教育や未来を
変えていきたいという思いがある、と本にありました。


わたしは自分のむすめのことしか考えていませんでしたが、、
壮大な計画だけど、ワクワクしますし、希望が見いだせました。

今のこどもが大人になった時に、
過ごしやすく希望がある未来になっていてくれたら。
心から安心したいです。

自分が若くないので、特に心配です(^o^;)