むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

BabyPark(ベビーパーク)体験教室2回目 その2

ベビーパーク体験教室2回目 その2

レッスンは50分ですが、内容は盛りだくさんです。
子どもが飽きないように、ぱっぱっと場面転換していくような感じです。

覚えている限りでは、他には

うさぎやゾウなどのイラストが
中央から2つに割れているマグネットを
2つピースだけのパズルを組み合わせるようにして見せて、
うさぎだね、ゾウだね、と教えたりします。

むすめはあまり興味がなさそうでした(・・;)

100まで数えれるそろばん  を見せて、一桁目を1から10まで口に出して言いながらそろばんを移動させて興味を引いた後、子どもにも手で触らせながら数えます。

むすめは手をわたしが添えたら、払いのけて一人でやりはじめました。
わたしの手の添え方が、やってあげている感が丸わかりでわざとらしかったのかも汗


絵本の読み聞かせは、子どもが飽きてしまって動き回ってほとんど見ていませんでした。
先生も若干早口で読み上げていました。
どこで目にしたかは失念してしまったのですが、絵本を見ていなくても耳で聴いているので読み続けた方がいいらしいですね。


貼り絵や工作はこんなものを作るんですよ、と言って
鬼のお面を見せてもらいました。

もうすぐ節分ということもあり、作ったお面を立てかけて
家で豆まきをできるように、ということのようです。


ベビーパーク体験教室2回目 その3 へ続きます