読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

BabyPark(ベビーパーク)体験教室1回目

ベビーパークの体験教室に行ったのは、2013年1月。だいたい一年前です。

他に書いていたブログの転載なのですが、当時の体験教室の感想です。

 

 

近所にベビーパーク が出来ていて、webから申し込みをすれば
通常12,600円のところ3,000円で3回体験が
受けられるとのことだったので申し込みをして行ってきました。


1回目の今回は、むすめはおもちゃで遊ばせておいている横で
教室の説明を受ける内容でした。

0歳~3歳までの教育がいかに大事かという内容が、
十数ページに渡って書いてある資料をいただいて、
丁寧な説明を受けました。

ジャクソン・スキャモンの成長曲線というグラフをみせられ
以前は身体発達と同様に子どもの脳も発達すると
思われていたけれど、実は、科学的に
脳神経は0~3歳期に爆発的に成長し、3歳で80%
6歳頃には90%が完成しているとのこと。

脳の発達が著しい、3歳くらいまでに
脳のトレーニングをすると基本スペックが育てられるので、
それ以降の学習が楽になるということらしいです。

教室の創始者の方のお子様の成長記録も見せてもらいました。
サイトにも掲載されていたので、リンク を貼ります。

これをみてもらうと分かりますが、成長スピードがすごい。
むすめと同じくらいの1歳3ヶ月で、
ひとりでブランコにのれたり
アルファベットが半分くらい読めてたなんて。

10分程、フラッシュカードをやっていただいたり
おもちゃを使って、数を数えたり、踊りを踊ったり、
運動を2つ程教えてもらったりしました。

フラッシュカードは、1つは野菜、
もう1つは点が複数描いてある数のカードです。
かぼちゃやにんじんなどの野菜があって
3秒の間に名前を読み上げて、どんどんめくっていきます。

赤ちゃんの3秒というのは、体感大人の30秒くらい。
絵本をまだ読み終わる前に、
どんどんめくっていこうとするのは
ぱっと絵を見て把握してしまったからなのだそうです。

最近むすめが読み聞かせをしていても
すぐにめくってしまうのでろくに読めずにいたので
なるほどと思いました。

長くなったので次の記事に続きます