むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

先取り学習について/幼児教室からきた案内

むすめは、1歳半から幼児教室に通っています。今年6歳。

幼児教室は、来年の小学校1年生が上限なので、あと1年弱か..と思っていました。
その矢先...中学受験も視野にいれた小3までのコースができた、と教室から案内がありました。

その内容が意外で。
現在は知能研究所の教材を使っています。
お勉強お勉強していなくて、頭を使うよい教材だと思います。
小学校受験の内容と被るところが多いので、幼児教育ってもう確立されている教育なんだな、とも感じますが)

説明会がまだなので詳細不明なのですが、届いた案内によると新しいコースは以下のような内容になるそう。
・小1〜小3までのカリキュラム
・知研教材は使わない
・小学校の先取り学習に特化

国語算数の先取りについては、
1年で2学年進んで小3で小学校の学びを完了させるそうです。
・小1 → 小1小2 
・小2 → 小3小4
・小3 → 小5小6

そのために、
・週1回 90分教室に通う
・毎日60分 親子で宿題を行う
という宿題の作業が大きな要素として入ってきます。

先取りって、本人のやる気や学ぶ速度に合わせて行うため、家庭学習が基本だと思っていました。
それを集団で行うのだそうです。
お月謝も思ったより高いので驚いています。
なんと!25000円!

小学校受験するようなご家庭では安い、と思う感覚かもしれないですが、
わたしとしては習い事感覚で通っている教室なので高く感じてしまいます。

▼上記のページに家庭教師のお値段が書いてあるのですが、お月謝換算するとそれよりも高い!


メリットとして考えると
・同じ幼児教室に小さな頃から通ってきた顔見知り
・同じくらいの理解力の子のクラス
・教育意識が高い方々
と一緒に学べるということでしょうか。

でもそれがデメリットにもなりうることで、その時々で落ちこぼれたり吹きこぼれたらどうするのかな、とも心配になりました。
子供の成長はそれぞれで伸びる時期も違うし、理解する早さも違う、というのは今身をもって感じていることです。

『0歳からの親子の教室』をうたっている幼児教室で、子供への接し方を特に教えてもらった教室でもありますので、その辺りのサポートは期待してもよいのかな..?
カウンセリングとしての拠り所。

通う通わないは、まだ説明会を聞いていないので分からないのですが、、
赤ちゃんの時から見てくださっている優秀で信頼がおける先生に教えていただけるのであれば、よいのかもしれません。お月謝が高いけれど、かなり迷うと思います。

むすめは先生が大好きですし、わたしももう少しの間成長も見守っていただけたら、という気持ちがあるのです。
これが知能研究所の教材をこのまま使ってお値段据え置きで続けてできる、というのであれば迷わず通っているのにな。


もし今までの先生ではない、先生が変わる場合には
新しい先生の人柄や一緒に通うメンバーが決め手になると思います。

設備やカリキュラムが整っていても、教える先生が子供の特質を理解しながら一人一人見れる先生ではないと、通う意味はないと思います。
なんにしろお月謝が高いので、納得できる見合ったものが得られるのか、をより意識して決めると思います。

幼児教室で先取りの話がでたので、家庭学習でも先取りについて意識しはじめるようになりました。

むすめは、国語は小2くらいまでの文章題は抵抗なさそうで、漢字も小4くらいまでのものであれば送り仮名があれば前後の文章から感覚的に読めています。

書き順を無視して漢字を書き始めているので、少しずつドリルをするようになりました。

小1かん字 (早ね早おき朝5分ドリル)

文章題なども遊び感覚でできそうなので、手をつけてもよさそうだなと思います。

ちょっと考えてしまうのが算数。
国語よりも吸収力が悪いので、時間がかかりそうです。
計算もまだあやしいですし、丁寧にやった方がよさそうです。
わたしもどうやったら理解してもらえるか、教える勉強が必要そう。

▼こういう本が結構出ているので、買って読んでみようと思っています。
必要なことだけをムリせずラクにマスター [はしもと式]小学1~6年の算数がマルゴトわかる本小学校6年分の算数が教えられるほどよくわかる (BERET SCIENCE)

幼児教室の説明会で通わないまでも、教材などを確認して家庭学習の参考にできたらと思います!