むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

6歳のむすめちゃんは気難しい

むすめ6歳。
3連休は夫も出張、わたしも家で仕事。
2日間おばあちゃんちにお願いすることにしました。

まだお泊まりができない子なので、1日おばあちゃんち、もう1日は外出してもらう予定でしたが...

おじいちゃんが嫌なこと言うから行きたくない、とか、同じクラスの子に会った時に、一緒に歩いているところを見られたくない、とか言うんですけど...。
そんなの小学生高学年くらいからじゃないの?
しかもパパじゃなくておじいちゃんですか..。

女子としての気持ちの育ちが早いような気がする。
といっても、好きな子とか異性とかそういうのに関しては全く出てこないけど。
→同じ年の男の子たちは予測不能な動きをするから怖くて親しみは分からないらしい。


おじいちゃんは「むすめちゃんは、気難しい子だから」とか「むすめちゃんの方がピアノが上手だけど、むすめちゃんのパパの方が歌はうまいな」とか余計なことを言っちゃう人。。
孫可愛さに、冗談で言うんだけど、乙女心を分かってない人。
傷ついちゃったみたいです。
そして元が陰陽の陰で出来ているような子で、記憶保持力もいいので事細かに根に持ってよく覚えている。

あまり前向きになれない日は、そういう気持ちが表にでてしまうみたい。

夫の両親だし、預かってもらう立場なのでわたしとしてもあまり言えないです。
と言っても、むすめがおばあちゃんにペラペラ話すので伝わっているみたいだけれど。

本当の心の底では家でゆっくり過ごしたいのに、という気持ちがあるのだと思います。
3連休、普通は家族で過ごすのでしょうね。
わたしは平日むすめに合わせている分、週末に仕事の締め切りがに追われることも多く、連休丸ごと遊んだり遠出をしたりなどがなかなかできないです。

夫はもともとずーっと仕事人間で、ハナっから休むつもりもなく出張に行っています。

むすめが小学生になったら、もう少しわたしの時間の余裕ができて、もっと週末出掛けられたりするのかな。

自分が今の仕事をしていない、
専業主婦だったらいいのにな、ってたまに思います。
お金があればなお良い。

もっとむすめにも家のこと(家事とか掃除とか掃除とか...)にも目が行き届いていただろうか、と考えたり。
でもわたしの性格上、むすめに飲めりこんで目をかけすぎたりして、家事も好きじゃないし、いいバランスじゃないかもしれない、という結論に至るのでした。

週末、通っている幼児教室からお便りが届きました。
1年生で終わりの予定だった幼児教室ですが、4年生まで通えるようになるみたいです。
このことに関して、色々感じることがあったので後ほど書きたいと思います。