むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

9月10月は文化祭盛り KT

先週、男子の中高一貫校のKTの文化祭に娘と行ってきました。
ここの文化祭は毎年恒例で通っています。
息子がいないので保護者になる可能性はないですが...わたしがお気に入りの学校です。

とにかく催しが、来場者に優しく、わかりやすく、親切です。

化学部は薬品を使った色が変わる実験を、ショーのような形で見せてくれます。
その他にも、もし鉄がこの世からなくなったら人間の血は赤ではなく青だったかもしれない、という想像力を掻き立てる話も。
両日ともに行って、話をするのは違う子だったので担当が時間によって違うのだと思います。
上級生が書いた原稿があるのでしょうが、中1の子が自分の言葉として内容を話しているように聞こえました。

お土産にスライムが作れて、アンケートを書くとハズレくじなしのくじ引きもできます。娘はガラス管に入ったコレステリック液晶(温度によって色が変わる)をもらいました。

生物部では、身近な水の生き物の水族館をやっていました。
ベニア板で壁を作り、通路にしてあって、水槽が順に見ていけるようになっています。
娘の目線では高い場所にあったので、背伸びしながら見ていました。
水族館の中になぜかハムスターを触れるコーナーも。聞いたところによるとハムスター、文化祭の前に飼育を決めたとか。文化祭仕様? むすめ大喜び^^
他にもみんなで合宿に行った時に採ってきた、虫の標本がたくさんありました。

水酸化ナトリウムを利用して葉脈標本を作るコーナーもありました。最後に葉脈に好きな色を塗ってくれます。娘は字も書いてもらっていました。


鉱物部では、夏休みに北海道へ行って発掘してきた化石を見せてもらいました。
部屋の中に順に追って見れるように通路が作ってあり、説明ポイントに鉱物部の学生が立っていて説明してくれます。
オパール化した化石や、大きなアメジスト他の鉱物など高価そうなものも飾ってあり、部の歴史を感じました。
むすめが喜んだのは、鉱物発掘体験です。箱の中に、普通石と鉱物(アメジスト/水晶/ヒスイ/ラピスラズリなど)が入っていて、気に入ったものを選んで2つお土産に持ち帰れます。
最近鉱物に興味があるので、とてもうれしかったようです。ポケットにいれてお守りのようにして持って、幼稚園に通っています。

天文部では、ダンボールとLED豆電球で作ったプラネタリウムで、南極の今朝の空の星座を見せてもらいました。
ダンボールでドームを作り、穴を1つ1つ開けてLED豆電球をはめていったものです。
手作り感があってよかったです。南極に北極星の代わりになるものがないため、みなみじゅうじ座を目印に南を割り出す方法などを話していました。


鉄道部では、毎年恒例ジオラマで電車を走らせたり、駅の発着の音が聞けるコーナーがあったり、今年の夏の旅行記(今年は東北)の冊子があったり、見応えがあります。
体験コーナーが多いので、鉄道好きの小学生は連れて行ったら喜ぶと思います。むすめはあんまり、、でしたが^^;;


今年は文化系のクラブを中心に回りましたが、運動系もウォーターボーイズや球技の試合をしていたりなど活発なようです。


近くにあるT大やTKの文化祭よりも、来場者が楽しめるよう意識した作りになっていると思います。
T大やTKとの大きな違いは、食べ物を自分たちで作ってないっていうことw
合格団子を保護者(クオリティが高かったので業者発注?)、学生がペットボトルドリンクを売っている以外は、食堂とお弁当でした。
食べ物に安心感と安定感がありました。


TKは食べ物も自分たちで作って屋台で売っているのですが、料理したことがあるのかな、というような男の子たちが作って売っています。
学生にとってはよい経験にはなるとは思います。
食べる方としては..日本一頭が良い中高生に作ってもらってるからありがたいと思って食べるべきでしょうか。
それともTK生でも不得手なものがある、というギャップに思いを馳せて食べるとよいのでしょうか。

KTは、夏休みに部活動で行った成果を発表している部活が多かったです。
中1〜高3までの年の離れた趣味が合う仲間で、北海道や東北などの遠いところまで行くというのはよい経験になると思います。
私立だからできることでもあるのかな、と。

それから女の子率が少なかったです。制服を来た、同じ年くらいの中高生はあまり見当たらず、ちらほらとはいたのですが、、いると目立ちます。
小学生くらいの家族で来ているような子(家族?)が多かったです。

KT生は育ちの良さを感じます。
家族に目が行き届いた環境で、大切に育てられている分、他の人にも親切で丁寧に接することができるのかな、と思いました。
娘が生物部で「魚が見えない〜」と言っていたら、「同じ魚がこっちにもいるよ」と誘導してくれたりなど、つぶやきをひろって親切にしてくれることが多かったです。

まだ全然早いですが、娘に彼ができるとしたらKT生のような子がいいです^^!
娘を入れたい学校として中高一貫校の女子版KTがあれば、かなり興味があります。

男子校の文化祭は、一般来場に制限がないのがうらやましいです。
女子校をいろいろ回りたくても、一般来場は小4〜の女児と保護者の制限があります。

安全上の問題だとは思うのですが、受験するとしたら小4から回るのは大変です。
日程も被るため、多くの学校をみるためにはじっくり見て回ることもできなさそうです。

小6になると文化祭に行く余裕はないと聞くので、実質小4と小5の2年間で回らねばならず、タイトだな..と。

中受するかも分からないですけど 汗