むすめの幼児教育と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

今年の誕生日。プレゼントの本

むすめも6歳。
夏休みの間に背もぐんと大きくなったように感じます。
誕生日プレゼントは休みの間にじっくり遊べるように、前倒しでプレゼントしました。
ぷにジェル

わたしの実家に戻っている間じゅう、ぷにジェルアクセサリーを作るのに夢中でした。

そのため今年の誕生日には本のみプレゼント。
すぐ読み終わってしまう絵本は買うのがもったいなくて見送り...。
図鑑も今あるのよりまだ増やさなくてもいいかな、と今年は何が良いか迷いました。

その中で選んだのがこれ

▼1,2冊目
世界一楽しい 遊べる鉱物図鑑
美しい鉱物―レアメタルから宝石まで鉱物の基本がわかる! (学研の図鑑)
あんびるやすこさんの 『魔法の庭』や『なんでも魔女商会』シリーズが好きなつながりで誕生石に興味を持っていて、「◯ちゃんは9月だからサファイア」などよく言っています。
この間国立科学博物館に行った時も、鉱物の部屋にずっといたので丁度よいかなと思い、2冊選んでみました。
『遊べる鉱物図鑑』は内容も小学生向けで分かりやすく、装丁がファンタスティックなので子供心をくすぐるのでは、と思います。
『美しい鉱物』は持ち運べる小さな図鑑なので、電車などで読むのに持ち歩きやすいかなと思いました。

▼3冊目
ティアラ会からの招待状 (王女さまのお手紙つき 9)

ずっとはまっている、王女さまのお手紙付きの最新刊。
感想のお手紙を出版社に出すくらい好きなシリーズ。今回は今までのものより分厚いので読み応えもありそうです。
1時間もしないうちに読んじゃうので、大人としてもより厚く長い話が好ましい..。

詳細はこちら▼
  ▼4,5冊目
ドラゴンの谷となぞの少年妖精の森と消えたティアラ

旅行先の移動時の暇つぶし用に選んだ本が『トリシア』シリーズの3冊目^^;;。
1冊目と2冊目を選ばず、『絵がかわいかったから』という理由で3巻を選んでいたので今回1,2巻をプレゼント。

このシリーズは、他にも出ています。

トリシアのお部屋へようこそ!!

物語の本は、いつもはほとんど図書館で借りています。
近くの図書館は、今時のかわいらしい挿絵の本が置いてあるのでありがたいです。


むすめが少し年齢が上のものを自分で手にとって読むようになったのは、

1歳頃、いつも読んでいるブログの方(賢い娘さんをお持ちのお母様)が、うちは0歳から1日100冊読みきかせをしています、と書いていて、

 100冊は無理...^^;;  でも20冊くらいならできるかな

と1歳頃から1日20冊を目安に読みきかせをしていたからだと思います。

内容も年相応のものもありつつ、1,2歳上の子が読む本を選んでいました。

3歳くらいから、絵本と同じように、ゾロリ、ルルララ、マジックツリーハウス、童話、だいたい一年生くらいで読むような本、など読み聞かせしていました。

一緒に読むのがわたしも楽しくて、今もあまり本人が手に取らないような、科学系の本『たくさんのふしぎ』や小4,5年生くらいの物語の本は、読み聞かせしています。

まだまだしばらくは読み聞かせを続けて、同じ物語を一緒に共有して楽しめたらな、と思います。