むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

ピアノについて うちの夫、結構シビア

先日ムスメのピアノの先生に、家の環境を電子ピアノからピアノにした方がよいと思う、と言われました。
このまま続けるのであれば、電子ピアノを毎日弾いているとピアノの表現がついていかなくなります、というのが理由。

うちにあるのは、とりあえず買ったお手軽な安い電子ピアノ。
始めた3歳当時、ムスメが続けれるかも分からない状態でしたし、マンションが手狭でアップライトピアノですら設置場所がなかったためです。

初めて3年目でもうピアノを買う選択をするのか〜と思いつつ、ちょっとうれしくもありました。

しかし夫に、嬉々として先生のお話と購入お伺いしてみたところ...
「今のままの電子ピアノでいいよ」と言われました。
わたしとしては最初渋ったとしても、ピアノを買う流れになると思ってたので意外でした。

夫の意見としては
・プロのピアニストになるわけではない。
・仮にピアノに関わる仕事をしたいと言い出したとしても、クラシックのピアニストでもない限り、電子ピアノもピアノもこだわる必要はない。
・そもそもムスメは、見ていてプロのピアニストになれそうに見えない。
ということです。

ムスメ、まだ5歳ですよ。なれそうにないって、どういうこと^^;;
ピアニストになれるかどうか、判断するような年頃なのでしょうか。

ムスメの七夕の夢は「ピアニストになりたい」で、夫もそれを聞いて相好を崩していましたが...裏ではこんな冷静な判断をしていたとは。

ちなみに夫、音楽に関係することに従事しています。

・ムスメがプロのピアニストになれそうにない理由として言われたのは、

-音感テストへの向き合い方が適当な感じが拭えない。
 毎日5回嫌がらずやっているけれど、気は進んでないし、色のシートの指差しをしていない時がある。
 (だから音感の進度が遅いんじゃないか、と)

-プロのピアニストになるような子は
・誰に言われなくても楽しくて一日中ピアノに触っている
・親が張り付いてスパルタ教育している

の二択だと。
確かにどっちにも当てはまりませんけどね...汗
むすめはピアノより、ふんぞりかえってソファで本を読んでいる時間の方が長い...。
わたしも夫もピアノの教育はできないし。

でもピアニストになれそうもないから、ピアノを与えないっていうのはどうなの、と思うのです。
わたしは興味を持っているのであればよりよい楽器を与えたいと考えます。(予算の限度はあるけれど)

夫の判断としては、ムスメは良い楽器にこだわらなくても大丈夫な程度の才能ってことなんでしょうが...。なんだか夫が憎たらしくなりました - -;;)

お金持ちやもっと郊外一軒家だったらまた違ったのかな。
かけれるお金も場所も今よりあって、お遊びでもグランドピアノをポンと買えたかもしれない。

わたしとしては、今回は夫の意見に従ってみようと思いました。
クラシックのピアニストになって欲しいというわけでもないですし、夫の言ったことが本当にそうなのか知りたい気持ちもあります。
ムスメがピアノが欲しいと言った時に、また改めて考えてみようと思います。

それまでは今のままの電子ピアノで。
時間をかけてゆっくり判断するのも悪くないのかな、と。