むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

ピアノ・絶対音感:白鍵単音と発表会♪

白鍵単音、7月に合格しました。
今まで2ヶ月に1回くらいしか音感のテストをやっていませんでしたが、最終的には、3週連続でテストしていました。

先生もほぼ白鍵音感がついていて、次のステップに移動してもよいと思っていたのかな。

むすめったら、ヘラヘラ笑いながら合格したよ〜とわたしの元へ走ってきて「賞状もらえるんだよ〜」とうきうき。
最近はレッスンを一人で受けています

賞状はいらないって断ろうと思っていたのに、そんな手放しで喜ばれたらもらわない訳にはいかなではないか..^^;;;

賞状を断ろうと思っていたのは、
・パソコンでプリントアウトしたような賞状らしい
・なのに発行手数料で1000円取るらしい
という情報を前もって聞いていたため 汗


毎日の音感トレーニングは、まだしっかり白鍵のトレーニングをした方がよいと言われ、夏休み中は今までと変わらずです。

・1日5回、ピアノで弾いた和音と単音を聴いて答える
・音名唱(習っている曲を音名で歌いながら弾く)

をやっています。

夏休み中にあったピアノ発表会
昨年の発表会へ行く&行かない、ドレス着る&着ない、のグズグズが嘘のように、スムーズに行くことができました。

行きたくないも言わなかったし、ドレスも着た。
舞台裏でもわたしがいなくても待てた。

出番では、スキップするようなふわふわした歩きでピアノの前まで歩いてきて、周りを見る余裕もあった。
深々おじぎもできた。
曲は本人の実力を出せてました。

昨年の夏の発表会&冬の発表会からのル・コンセールの3回で人前で弾くということに慣れていたのかな...?
慌てず、自分のペースで出来ていて、成長を感じる発表会でした◎

このまま自分のペースで続けていってくれたらいいな、って思います。