むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

ピアノ・絶対音感:白鍵単音あと少しかな?


むすめがピアノ&音感&リトミックを初めてから、2年と少しが経ちました。
最近、
・自分で曲を作って先生に持っていって聴いてもらう
・歌った曲やわたし適当な節で歌っている歌などをピアノで音程確かめて弾く
・幼稚園にあるピアノで覚えた曲を弾く
・習っている曲の音階を口ずさむ

など豊かな表現をするようになったなと感じます。

外で聴いた曲を家でピアノで弾いてみよう、と思う気持ちがうれしいです。
習い事として選んでよかったな、と思います。

絶対音感の方は、というとこちらは白鍵単音をずーっとやっています。
先月のテストであと1音だったし、今月か来月には大丈夫かな。

この間、むすめより1年後に始めた月齢もあまり変わりがないお友達が、白鍵単音クリアしたのと聞きました。
うちよりも1日の回数が少ないことを話していたので、ビックリ&ショックでした。
練習回数よりも上回る耳の良さってあるんだな、って。

その子はすごいんですよ。音に興味があって頑張ったんだと思います。

ビックリ&ショックだったのは、
もしかしたらわたしが毎日やっているトレーニングのやり方やタイミングが悪かったのかな、という部分です。
むすめが夢中で何かやっている時に「旗やるよー」って言っちゃっていた時もあったし、和音の時に全然色を指差ししていなかった時期もあったし...など思い出し^^;;;

遺伝的に音感優れている、ということもあるようなので、耳がよいのもあるのかな、と思います。

音感(音程判別) | 遺伝子・DNA検査のMYCODE


それともむすめが遺伝的に音感判別が苦手とか?...苦手だったら多分わたしのせいのような気がします。ゴメンネ><
夫はそれほど悪くなさそう。

ももし、音感判別が苦手遺伝子が備わっている子だったとしても、ここまで来たのはむすめの努力。
母が決めたお稽古にここまで付き合ってくれて、ありがたいなという気持ちと同時に、愛おしくなります。 ^^

結果的に音楽が好きになって、習っている曲を弾きながら、「この音」と「この音」の間の「この音」があるでしょう、そこは鳥が木に止まっている音だよ〜、なんて言っていて想像力豊かで面白いです。
鳥なんか全然出てこない曲なのに...^^

わたしの意向で始めた習い事ではありますが、結果的にピアノを弾くのがとても楽しそうで、しみじみ、よかったな、って思います。