むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

ピアノ・絶対音感:白鍵単音まだまだまだやっている


絶対音感はまだ白鍵をやっています。
この間月1のテストがあったのですがその時は48回中1回間違えてしまいました。
惜しい。
娘の様子を見ると、定着するまでには時間がかかるのですが、定着したらすぐ忘れるということはないように感じます。
今まで分からなかった音を他よりも多めに日々のトレーニングに入れることで、その後は全く間違えなくなっています。

白鍵はあと1,2ヶ月くらいでクリアするのかな、と感じます。
でも今のペースだと、黒鍵も1年はかかるのかなぁ^^;;
小学生になっちゃうよ。

娘より1年早く始めたお友達が、黒鍵も身について、初めて耳で聴いた曲をピアノですぐ弾けるようになった、と言うのを聞きました。

そういう話を聞くと、うちも頑張って続けたいな、と思います。

注:わたしがトレーニングに付き合うのを頑張って続けたい、っていうことです。

むすめはわたしの気持ちに波があることは、知る由もありません^^;;

こちらが言うわけでもないのに、
家でピアノを弾いているなと思ったら自分で曲を作っていたり、
好きなプリキュアの歌のこのフレーズはこの音だとピアノを弾きながら手探りで見つけていたりします。

そんな姿を見ると、音楽を身近なものとして捉えているのは、楽しく音感とピアノをやっているからなんだなって思います。

いつまで絶対音感のトレーニングをするか、を少し意識する年になってきたとは感じますが、出来るところまでわたしもつきあっていきたいです。


ピアノはというと、『おんぷの学校6』と『ゴーゴー3』が終わりました。
何回か次週に同じ曲を持ち越すことはあっても、その分次の曲が減らされるわけでもなくスムーズに進みました。

すくすくミュージックすくーる おんぷの学校(6) ごー・ごー 3

▼今は、『ピアノの学校1』と『みんなのオルガン・ピアノの本2』『ハノン・ノン』をやっています。
 すくすくミュージックすくーる ピアノの学校(1) 新版 みんなのオルガン・ピアノの本2ハノン・ノン

先週、夏のピアノ発表会の曲も決まって、むすめが好きなテンポが良くて楽しい曲なので練習も楽しそうです。

今年の発表会の曲は、わたしはノータッチで口出ししないで様子だけ見ようと思っています。
ピアノは曲が増えて練習にかかる時間が30分以上になってきました。本人が遊び弾きや曲作りをするのでもっとかかる場合もあります。
その度に口出ししてしまい、言い合いになることもしょっちゅう。

少しずつ、練習する時間なども自分で決めれるように段階を踏んでいけたらなと思います。その方が、娘のやる気や持ち味も潰さず育つような気がします。
そういう心構えを持っていてもスムーズに事が運ぶ事なんて、今まで一度もなかったんですけどね...。