むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

モンスター現る

ポケットモンスターじゃないです。
学校とかで時たま見かけるやつです。

4月、幼稚園のクラス役員になりました。

本来積極的な方ではないのですが、子供が3人いて9年園に通っている親しいママ友さんに誘われて、とても素敵な方と一緒だったら、と思いやってみることにしました。

まだ始まって一ヶ月半しか経っていないのですが、正直...こんなに大変になると思わなかった。疲れています。

クラス役員のメンバーは4人いるのですが、その中の1人が...もうね、モンスターですよ。ビッグなモンスターペアレンツ!略してビグモン!!

ビグモンママは、某芸術系の家出身で、代々続いている習い事の先生。
高齢出産で産んだ、一人っ子のママです。

年長になればママさんでもヤバそうな人は水面下で情報として回ってきていますが、今までこのお方はユニークだよね、やっぱり芸術系の方はそういう所があるのかな〜、という感じでした。
普段は物腰柔らかく、気さくで話しやすい方だったんです。

少しユニークだけど、許容範囲という枠の中に入っていて、この人がまさか..という感じの隠れモンスターでした。

とにかくこうと自分が思ったことは、周りに相談もなしに進めてしまいます。
しかもその方向性が少しズレています。

その処理はいつもまわりのクラス役員の仕事..。

後に勝手な行動が発覚し、え?報告したでしょう、などと言ってきますが、それは立ち話でした程度で、集まって決めた事柄ではないよね、ということばかり。
大事な決定を1人のクラス役員にさえ立ち話で言っておけば、みんなに報告したと思っているのです。

遠回しに言っても伝わらないので勝手に進めないでと単刀直入に伝えると、他の人が全然動かなかったから自分がやった、園長先生が言ったからやった、など人のせいにします。

他にも時間を守らなかったり、外部に言ってはいけないことをもらしてしまったり、個人情報を雑に扱おうとしていたり、、書いたらキリがなく。

今までは気さくな人という印象が一転しました。
一緒に仕事(役員)をしてみて分かることってあるのだなと思いました。


その人にどうやったら伝わるのか、どうしたらいこの流れを食い止められるのか、など
他のクラス役員と時間を割いて話したり、LINEをしあったりなど、とにかくプライベートの時間がビグモン対策で潰れてしまった4,5月でした。

結局、単刀直入に説明してもビグモンにこちらの意図を理解してもらえること(意図といっても誰もが何も言わなくても理解しているようなルールのことです)はできず、意見を譲らず、苦肉の策として担任と園長先生に頼ることになりました。
対大人、の仕事でまさか、先生に頼ることになるとは...思いもしなかったです。

何度も話すうちに感じたのは、持っている常識の基準が大きく違い、自分の今までの常識が世間離れしているということにも気づかず正しいと信じ込んでいる人なのだな、ということです。

ビグモン対策で園にいる時間が長かったため、仕事もブログも全然作業ができませんでした。
むすめが園にいる時間はわたしの中でとても貴重な時間なのに、と思うとやるせないやら、もう2度とこんな思いをしたくないと、ただただ疲れました。

4月前には、ひとりっこの最後の1年の園生活、という感傷がわたしの中にありましたが、今は、ビグモンが仕事を妨げないように防ぎながら滞りなく過ぎ去ればいいという気持ちでいっぱいです。

小学校に入るとPTA役員もあります。
むすめが入学する予定の学校は、6年間のうちの2回仕事が回ってくるそうです。
どうかそこでは変な人とは当たりませんように、と願うばかりです。