読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

サピックスに小1から入る意味ってあるのかどうか、聞いてみた。

5歳 小学受験/中学受験について語りたい 幼児教室/その日の出来事

むすめの幼稚園のママ友さん、小学生のお兄さんお姉さんがいる方が多いです。

中にはとても勉強面で優秀なお兄さんお姉さんもいて、最近、最難関私立の説明会に行くんだーや行ってきたんだーという話しを聞くようになりました。

わたしが受験する年齢の子供がいないので、話しやすいのかもしれないです。

同じ受験生の子持ちであれば、どこを受けるか予測できるような学校はなかなか言いづらいですよね。

 

それでそういった優秀な子は塾を聞くとたいていサピックスです。

ネットなどで、小3春(実質小4)から入塾するのが難しいから、低学年から通わせるという意見を読んだことがあったのでズバリ、ママ友さんへ質問してみました。

「小1からサピックスに入る意味ってあるの?」


率直な答えとしては...「小1から入れる意味はない」でした。

ちなみにママ友さんのお子さんは、小3春(実質小4)から通い始めたそう。
クラスも一番上らしい。。
でも周りに小1から通い始めた例も知っているママさんです。


主な理由
サピックスの小1〜3年生までの授業は勉強が楽しいものだと教える期間
サピックス小1〜3年生までは中学受験の勉強をするわけではない
小1〜3年生の間、サピックスに通っていたからといって特別できる子になるわけではない

 

確かにサピックスのサイトでも低学年では中学受験には触れていないんですよね。
学習の基礎を作る、考える力や養うというのであれば、サピックスの通信ピグマキッズクラブでよいのかもしれないです。


ママ友さんは低学年時は、お金をだして時間をかけて塾に通わせるよりも、子供がやってみたいと言った習い事をどんどんやらせてあげたのだそうです。

聞いた話だと、英語・スポーツチャンバラ・図工・そろばん・プログラム・水泳・ボーイスカウトなどでした。

習い事がバラエティに富んでいます。

ちなみにはじめは週2、お友達と遊ぶ時間として習い事を控えていたそうですが、周りの子がフルで習い事に通っていいる子が多かったため、遊べる子がいなかったとか..。


遊ぶためには、お友達の習い事との兼ね合いもあるのだと気付かされました。都会の子っていろいろやっているんだなぁ。
ちなみに水泳も強化選手を希望すれば特に速く泳げる子でなくても、週5で水泳教室に通うとか。それだけで平日が埋まっちゃいます。

ママ友さんが教えてくれた、小1からサピックスに通っている子の壁

 

小1から通うデメリット?

・小4からガラッと内容が中受に変わる。小1から通っている子は変化についていけない場合が多い
・小4から優秀な子がどんどん入ってきて、クラスが下の方になってしまう。親子でショックが大きい
・小4から入ってきた子に前からいるのにできないの〜とバカにされる場合あり

↓ 結果
・悪循環で怖くて勉強が手につかなくなる
・塾に通うのが怖くなる
・親からのプレッシャーもあり?

小1からサピックスに通わせる親というのは、中学受験を見越して気合いが入った親が多いため、子供のプレッシャも半端ないのかもしれません。

その子は小学校高学年の現時点で、サピックスをやめることにしたそうです。

子供が中学受験に向いているかどうかって、見極めが難しなと思いました。