むすめの幼児教育と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

アジアで一番の大学

アジアで一位のランキンだった東大が、2016年では7位へ転落という記事が出ていました。


一位はシンガポール国立大学と知って納得。

潤沢な資金で魅力的な授業をする教員、優秀な留学生を集めている大学、と以前記事で読んでいたからです。

学費免除+衣食住が困らないだけの金額のサポートを受けれるのであれば、優秀でコミュニケーション能力が備わっている学生であれば魅力的に映るのではないでしょうか。

 


日本も優秀な生徒には学費免除+衣食住の提供があればいいのになぁ...

そういった制度があっても、自分の子がそうなるかどうかはまた別の話ですが、少なくとも先々の学費の工面の心配をすることはなくなりますよね。

 

中受予定の小5サピックス通いのママ友さんに聞いたら、夏期講習だけで10万飛ぶと言っていました。まだ小6でもないのに〜。

受講しないと習えない部分が出てくるので、受講せざるを得ないとか。

お金かかる〜。

先々の学費の心配がなければ安心して塾にお金かけれるのに。なんてね^^;;