むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

母の英語への熱意/おうち英語で効果があるご家庭はどんなところ?

むすめ4歳。

最初に書きたいのは、うちは英語に対して飛び抜けてやっている、理解している、話せている、というわけではないです。

 

中には、おうち英語ですごい成果を発揮しているご家庭もありますよね。

そういったご家庭のブログを読んでいて効果がある場合のパターンは、

 

1. お母さんが割と話せる

(謙遜している方もいますが私にしてみれば話せてます..!)

 

2. 話せなくても勉強されて働きかけが半端じゃなく熱心

(話せないといいながらフレーズ丸暗記から始まってお子さんへの働きかけ以上に勉強している〜)

 

3.お子さんが英語に興味を持っている

 

1と3、もしくは、2と3が重複しているご家庭だと感じます。

 

うちはどれも備わってない〜。

話せなくても、2を熱心にやれる母じゃなくてごめんなさい、むすめ...(> <)

 

「3.子供が英語に興味を持つ」に関しては、むすめは...興味ない方だと思います。ある程度、読んでいる絵本やDVDに興味を示す程度。

わたしが興味持たせようと必死だったんですが、そうすればそうするほど嫌がる天の邪鬼です。

英語教室に通ったことで日常の取り組み時、英語やめて!と言わなくなった、DVDでDORAやworldwidekidsを見てくれるようになった、という変化はあったので現状でよしとしようと思っています。

 

本当は小学生に上がる前に、英語を違和感なく話せる、読める、書ける、くらいまでに持っていきたいという目標がわたしの中であったのですがちょっと無理かな..?と感じています。

 

上記の小学生に上がる前に〜というのをわたしが諦めたせいか、リラックスして毎日の取り組みができています。

 

むすめは日本語の語彙が豊富で、読書に現在はまっており、もうすっかり日本語は違和感がないくらいスムーズに読み書きし、小1,2くらいの児童書を楽しんでいます。

 

そこに楽しみと喜びを感じているのに、新たに英語を興味ももってもいないのに覚えよっか〜というわたしの働きかけが水をさす行為なのかもしれないと感じ始めました。

 

英語で話しかけたり、絵本を読んでも隅々まで理解することができない、ということに悔しさと、もどかしさを感じるようなので、英語を楽しくない、つまらない、と感じるのも仕方ないのかなと思います。

 

それでも毎日嫌がらない程度の取り組みとしてやった方がよいのではと思っているので、わたしがやりたいことの1つ、という程で、30分程度のインプットと音の掛け流しとDVDに付き合わせています。

 

この取り組みで効果は出るのかな?と疑問はありますが、やらないよりはマシ、という気持ちで毎日地味に続けています。

効果が出ても出なかったと感じても、今後こちらのブログで経過を書いていけたらなと思います。