むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

2016恐竜博 土日はすごい混みようですね。

恐竜博2016に行ってきました。

dino2016.jp

 

国立科学博物館、2015年の生命大躍進展もよかったですが恐竜博も面白かったです。

2015年は新種の恐竜が35種発見されたそう。

内容は盛りだくさんでよかったのですが、会場は激混み!

日曜日の9時ちょっと過ぎに行ったのですが、前売り券を持っていても20分待ちでしたし中に入っても最初のフロアは人人人でなかなか前に進めませんでした。

むすめは高い位置にある展示物が背伸びしても見れず、ずーっとわたしが抱っこ。夫も連れて来ればよかった..と2人で来たことを少し後悔しました。

 

4歳のむすめは各所で流れている映像をくまなく見て、ガチャポンでイー(2015年に中国で見つかった空飛ぶ恐竜です)を当て、なぜか科博に行くと毎回買う天然石も手に入れホクホクしていました。

 

むすめ、恐竜がものすごく好きで、名前もたくさん覚えているよ!という男の子がはまるようなオタク的なのめり込み具合ではないのですが...絵本で複数読んでいるからか興味はあるのです。

▼恐竜ものは創作よりも事実に基づいたものの方がどちらかというと好き

化石をみつけた少女―メアリー・アニング物語 (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 恐竜のなぞ (ようこそ恐竜はくぶつかんへ (2))恐竜をほりだす (ようこそ恐竜はくぶつかんへ (3))

 

あと、バイオミメティクスについての展示もよかったです。

www.kahaku.go.jp

 

むすめには構造の理解は難しかったのですが、アニメのピカイアや東大の五月祭のサークルCAST の実演で耳にしていたので「バイオミメティスク」というワードがタイムリーでした。

 

科博行くと毎回足を運ぶ36◯シアターも今回は恐竜でした。

今まで見れていない回だったので喜んでいたのですが、音の効果がすごくてちょっと怖かったみたい^^;

むすめよりも小さいお子さんが泣いて早く出たいと言っていたし 汗

 

コンパスも行きたかったのですが、マイナーな特別展か特別展が開催していない時しか土日の利用は難しい。今度また行きたいと思います。

www.kahaku.go.jp

 

恐竜博のパンフレットは2000円でした。

最新情報が掲載されていてこの値段はよいと思います!

 

科博の特別展は結構ツボに入るものが多いので次回も楽しみです。