むすめの幼児教育と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

4歳、図形や積み木に苦手意識を感じている用対策

幼児教室の図形教材をあまりやりたがらなくなったため公文の積み木をやっている、と書きました。

hm201109.hatenablog.com

 

GWが終わった後、思ったより順調に公文の積み木が終わりました。

最後の方の複雑な積み木もあっさりできたので拍子抜け。

最後はノッて喜んでやっていたのでコツさえ掴めば好きな取り組みだったようです。

一つの形が終わるごとに『出来たよ記念』で写メを撮りました。

本人にとって写真がご褒美でした。

 

それで今度は、エドインターの脳活キューブをやっています。

脳活キューブ

 

2歳後半に購入直後やってみせたところ、全く興味をもたなかったのでクローゼットの奥に仕舞ってあったものです。

最初は使いたいパターンがうまく見つけられずキーッっとなっていましたが、探すコツをつかんでからは言わなくなりました。

 

最後のパターンまでいっていないのですが、見ていると簡単すぎかもしれません。

考える時間はなく手を動かしています。

パターン表に積み木の区切り線がついているので、どの積み木で作ればいいのか分かってしまうのです。

 

その点、幼児教室の教材はパターン表に線が入っておらず、どの形をいくつ使うのかも考えないといけないのでやりごたえがありました。

 

でも自分はブロックや図形が得意だと自信を持ってチャレンジできる気持ちを作るには、むすめにとってベストタイミングな教材だと思います。

 

1点教材に不満があります。

塗りが違う面に少しはみ出していたり、汚れた上にニスを塗っていて汚かったり、作り

が甘いです。子供が手に取るものは美しいものであって欲しいです。

 

似た教材でくもんから『パターングラム』というものが出てきます。

 

パターングラム

 

持っていないのですが、くもん積み木の作りが美しかったのでこちらの方がよかったかな?と思っています。でも似たようなものなので今更うちでは買えず。

 

図形に関しては、タングラムも家にあります。

脳活キューブが終わったらこちらに移動したいと思います。

Inakids  タングラム  30枚のイラストカード、35個のマグネット

取り組みに図形・積み木遊びを入れ込んでよかったです。

自分からはなかなか遊ばなかったので、これをやるのは朝の取り組みに入っている、という程で始めたらうまくいきました。

 

遊びの中で今まで自分からは取り出さなかったビー玉転がしやドミノの出番も増えてきました。