むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

4歳児が書く日記はどんな内容か。むすめの日記

裏紙に今日あったことをもくもくと書いていたので、

むすめが好きそうな自由帳を与えて、これに日記を書いてみたらと言ってみました。

 

先日書いていたこと

2016年3月30日

----------------------

はくちょうにえさおあげた。

Sちゃん(姪の名前)とパーティおした。はくちょうさんにおてがみかいた。

きょうはじめてSちゃんがおおきくえおかいたのがはじめて。

きょうSちゃんがおほしさまおかくのがしった。

えさおあげるときかもさんがついてきた

びーにるぶくろでこいのぼりおつくった 

めはないけどむすめちゃん(自分の名前)にはあながあいていた

おべんきょうおした ぴあのおした。

むすめちゃんはあたらしいぱじゃまもきる。えるさのぱじゃまはあげない。

ぱじゃまは1かいきたけれどももうきない

でもあげない。

むすめちゃんがおもってたこと1 

あしたはどんなてんきになるだろう。

きのぼりのれますように。

むすめちゃんのおうちに はとどけい ほしい

むすめちゃんがおもってたこと2

おかねもちになて きれいなものお かいたい。

むすめちゃんがかいたいねこ

だからいい(っ)けんやおみつけてねこかいたい。

----------------------

上記のこと、書いていました。

書きたい内容があるという気持ち、すごいと思います。

えるさのパジャマは、着ると言って買ってきて家で広げたら一転、頑なに着ないと言っているアナ雪のパジャマのことです。

1回着たとありますが、寝ている時にわたしが着せたことを書いています。自分では絶対着ないと言っているのに、誰にもあげない、と書いています- -; )

 

「を」→「お」と書いています。

隙があればここは「を」だよと伝えていますが、まだ気にしていないし分からないみたい。

でも「に」と「を」のどちらかを入れる小1準備号のテキストをやっていたときは自然にわかっていたので、そのうち直るのかなと思います。

字はまだとても汚いです。後から書いたのを見ると読解は困難。

その場で書いているのを同時にみていないと分からないような字です。

今回日記帳でかわいいのがなくて自由帳にしたので、線が引いていなくて段々斜めになって前と後の行が混在している所もあり、読みづらい。実際には改行もしていないし。

 

今後は線を引いてあげて書きやすいようにしたいと思います。

 

日記、習慣になるとよいな。一文、とか絵だけでよいので一冊のノートにまとめて残したいです。その方が保存しやすいから、という親の都合ですが..。

まだスコーンと忘れて書けない時がある字もあるし、カタカナは見ながら聞きながらやっと書く感じ。

字が書けるようになったらなったで、今度は字の形や文法について突っ込みたくなり、親の上へ上への欲望は留まることを知らないなと、自分で思います。

きっと言い過ぎると書かなくなるのではと感じます。

ここは泳がせて泳がせて、、書く楽しみを味わった後ふと自分で気づいた時が直るきっかけになるのかな。絵本を読んでいたらそのうち気づきそう。

 

書けたということを本人の中で楽しむ時間をたくさん作ってあげないと、と思います。

 

キョクトウ かんがえる学習帳 えにっき 6マス L4411 【七田式教材:しちだ右脳教育】【対象年齢 3歳~8歳】えにっき:絵日記 ショウワノート ジャポニカ学習帳 絵日記 マス JL-45