むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

4歳、現時点での数の認識

現在むすめ、4歳7ヶ月。

 

数の合成・分解をコツコツやっています。

といっても計算式で行うのではなく、物でやっています。

5の合成はなんとか頭の中で計算して数えている様子あり。

(でも指を使って念のため確認もしている)

 

10の合成はその日の初めの方は必ず指を使っている。

何回か立て続けに問題を出すと暗記で答え始める。

本当は、4と3であれば

頭の中で4の方に3から1を持ってきて5にして

残り2だから「5」と「2」で「7」というように、数を5や10のかたまりで移動しながら計算して欲しいのだけれど教えてもなかなかそこまではいかないみたい。

 

理解できているなと思っていても数日後にはまた忘れている。

 

幼児教室の先生には、何度も何度も伝えることによって本人がストンと理解する時がくるとのアドバイスをもらいました。

 

自分の4歳の頃を思い出してみると、こんな数の訓練なんて全くやっていなかったし、5や10のかたまりが頭の中で移動しはじめたのはソロバンをやり始めた小3くらいからだったので、まだ理解していなくても当然なのだろうな。

 

本人が興味を持って数に触れ合う機会が少ないのだと思う。

 

まだ4歳。

自分が教えたことに対する見返りは望まないように。

たくさん数を数える機会を持って、あとは本人に委ねる。