むすめの幼児教育と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

4歳のクリスマスプレゼント 絵本編

4歳4ヶ月

今年のクリスマスプレゼント、だいたい決まりました。
いろんなものをあげたくて毎回何にするか迷ってしまうんですが、
今後誕生日とクリスマスには親からということで、娘に読んでもらいたい本や図書館で借りて気に入った本をプレゼントしようと考えています。

今年の本のプレゼントは、図書館で借りて気に入った本+英語の絵本。

じっちょりんのふゆのみち
じっちょりんのふゆのみち
じっちょりんは、春夏秋冬で4冊出ていてどれも図書館で借りて持っていませんでした。本当は4冊どれも一気に買ってあげたいところなのですが、、他にもプレゼントしたい本があるためとりあえず季節の1冊を。
草花が丁寧に描かれていて絵本の隅々まで楽しめて、長い間楽しめそうです。

ないしょのおともだち
ないしょのおともだち

バーバラマクリントックの絵本はどれも好きなのですが、むすめが1歳の頃に100冊まとめてヤフオクで購入した時に入っていた『ダニエルのふしぎな絵』しか持っていませんでした。
女の子と、女の子の家に住むねずみの女の子の成長を描いた本です。
つづきで『ないしょのかくれんぼ』という本もあります。別の女の子のお話『どろんこのおともだち』も大好きです。新本で購入すると高いんですが^^;; 何かの折に購入しつつ全て揃えたいなと思っています。




星と神話のおはなし

夏におさるのジョージの原作者で有名なH.A.レイの
▼星座をみつけようを購入しました。

その前に図書館で月の満ち欠けに関しての絵本を借りたところ、興味深そうに眺めていたので天体や星座もイケるのではないか、と思ったためです。
この本、3,4歳児には長くて少し難しい(その分長く使えるとも言える^^;;)のですが、星座に関しての神話も簡単ではありますが載っており興味を示していました。
もしかして天体や星に関しては、神話から入った方が親しみやすいかな..?と思い星と神話のおはなし20話 (名作よんでよんで)を借りたところ、かなりハマっていたのです。
何度も延長して図書館で借りた本だったのでこれは手元にあってもよいなと思いました。
星座も神話から覚えている傾向があります。



図鑑から1冊。植物図鑑を購入していなかったので、親しみやすい花を購入しようと思いました。星座や鉱物とも迷いましたが、じっちょりんもお花や種がでてくる絵本だし、関連していてよいかなと。


▼ここからは英語の絵本


プレゼント用の購入なので、わたしもじっくりは読み込んでいないのですが、クリスマスっぽいものを選んでみました。(時計の本もありますが^^;;)

Eight Jolly Reindeer
The Sweet Smell of Christmas (Scented Storybook)
こちらの2冊はもう出しています。
最近英語の教室に通うようなりました(このことに関して後ほど記事にしたいなと思っています)
そこの先生から、クリスマスなどのイベントの絵本は簡単な内容でもよいので、本人が好きなものを毎年何回も読み込めるものを購入してみてください、毎年その時の英語レベルによって発見がありますよ、と教えていただきました。

どちらも今のむすめには少しレベルが高いものになるのですが、
Eight Jolly Reindeer
はなんとなく意味が分かり
The Sweet Smell of Christmas (Scented Storybook)
は匂いがかげる仕掛けがあり、その箇所だけ大きい文字で書かれていてむすめにもわかる内容なので拾い読みしています。
どっちもキラキラしたきれいな絵本です(*^.^*)

英語きらい~とか、気が進まない時に簡単に言う子なので^^;; むすめが好きなキラキラしたイメージのものを選んでみました。

普段図書館で借りていて、特に日本語の絵本はあまり購入できていないので、記念のプレゼントにはお気に入りの絵本をプレゼントしたいです。
今のところ、本好きに育ってくれていてうれしい。
ずっと本を読むことが好きでいてくれて、いろんなことを本から学び取って欲しいなと思います(*゚ー゚*)