むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

最近の旗とピアノ ムラサキ→ピンク

4歳0ヶ月

絶対音感のおけいこを1日5セット(1セット30音)やっています。
ムラサキが長引きそうな予感がしていたのですが、地道にやっていたところ14,15日目くらいで突然答え続けられるようになりました。
第一音にムラサキを持ってきても迷うことなく答えることが続き、安定したということでピンクの旗を先週もらいました。

耳に慣れて答えられるようになるのは、突然やってくるのだなと。
知育をしている時に感じる物の理解と同じだなと思います。
種まきをして少し待って、時が来たらしっかり理解出来ている感覚。

むすめはピンクが好きなので、とてもうれしそうでした。
次は茶色..。
女子にとっては微妙な色ですが、チョコレートの色で甘そうだね~などと言って気分を盛り上げようかな。

旗は折り返してピンクで8本目。
14本あり14の和音の理解ができたら、単音のトレーニングになります。
最短で2年で習得できるとのこと、むすめは始めてから半年も経っていないのでまだまだ先は長いです。

でも毎日5回のレッスン+ピアノの練習も定着してきました。
わたしはピアノが全く弾けないのですが、、旗の色を弾くのが結構楽しいです。
弾ける人の感覚を味わえるので(^_^;)

むすめも嫌だということはなく、1日5回の旗が出来ています。


ピアノの練習は、1冊目の時には週に2,3回しかやっていませんでしたが、



2冊目に入ってからは毎日やるようになりました。



2冊目を一緒に練習していると、教本がよくできているなぁと一緒にやっている大人初心者のわたしも楽しいです。

3歳児でも譜面読みができるように、音符がアイコンに置き換えられています。
むすめは今の所、譜面を見ながら曲を弾けるようになっていて、教本の意図通りに進んでいるのかなと思います。
このピアノ練習、知育としても結構いい効果になるんじゃないかなと感じています。