読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

web英会話:リップルキッズパーク体験2回目

幼児英語

3歳11ヶ月

リップルキッズパークのの体験2回目をしました。
1回目(7/22)の次の日に受けたので7/23の話になります。

初回は気が張っていたむすめ、2回目はなんだか乗り気じゃなく...。
「眠いからいや~」(言い訳)と言って逃げた^^;

抱っこしてPCの前まで行くと「イヤ~」とわたしの膝の上で泣いてしまいました。
わたしが、「そのまま座ってて、ママと先生とで話すからね」とむすめに伝え受講が始まりました。

2回目は1回目とは違う先生。
1~3歳児に受けがいい人を選びました。
1回目の先生の時は受講者のアンケート評価の見方を知らず、少し年齢が上の子に受けがいい先生を選んでしまっていたのに気付いたので。

先生の自己紹介とわたしの自己紹介が終わってから
『Head, Shoulders, Knees & Toes』を先生とわたしとで歌いました。

その後、なんと先生、子供用のゲームをはじめました。
いろんな種類のケーキ(チョコやストロベリーなど)を積み重ねていくゲームと、魚釣りのゲームです。

その際、画面は先生が話す画面からゲームに切り替わります。
むすめも泣き止み、画面を食い入るように見てゲームの中で先生から聞かれた物の数字を英語でカウントしたりなどはじめました。

ゲームが終わり、先生の画面に切り替わってもそのままカードを見ながら発語したりして最後は笑顔で終わることができました。

小さい子に慣れていて泣いた時の対処法も落ち着いて行える先生でよかったです。

1回目の先生が、ガンガン発語を促すタイプだったので、緊張してだいぶがんばってやりすぎて、それなのに思ったようにできなくて気が重くなってしまったのだと思います。

1回目の先生選びをもっと慎重にすべきだったな、
もしくはむすめがもっと自信がつくくらいあいさつなどが話せるレベルまで持ってきてからの英会話にすればよかったな..と悔やみました。

泣いた時は、うわ~嫌いになったらどうしよう~ 汗汗汗 と思いました。
でもベビーパークでそんな時は母が普通に楽しげに振る舞ってと言われてた!というのを思い出し、わたしも必死に演出^^;。

我がむすめながら、受講内に気持ちを立て直したのにはすごいなと尊敬してしまいました。

そして、、リップルキッズパークの1回目が終わった時点で勢いで別の子供用英会話サイトの無料体験を申し込んでいたわたし。

たぶんやらないって言うだろうなと思いながら、明日はこんな優しそうでかわいい先生だけど(サイトにあったその先生のサンプル音声を聞かせながら)
「明日はどうする?^^;」と聞いてみました。

すると、、

「やる!」と言ったので

違う英会話サイトの体験を受けることにしました。

ちなみに書いている今日は、その違う英会話サイトの2回の体験を終えたところです。
また今度レポしたいと思います。