読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

数の合成

3歳からの幼児教室 幼児教室/その日の出来事

3歳6ヶ月

最近ようやっと0~5までの数の合成の理解ができてきたみたい。
「4つと3つ多いのはどっち?」
むすめ「4つ」
「じゃ、4つは3つよりいくつ多い?」
むすめ「4つ」

と言っていたのが、事あるごとにやっていたおかげで少し考えてから「4の方が1つ多い」と言うようになりました。

キッズアカデミーで数週間前、おはじき・ふわふわボール・積み木など種類を変えて何回もみんなで数えた日がありました。

むすめ的にはそこで数え方を覚えたらしく授業の以降、わたしに質問されると「じゃやってみようか」と自ら言って進んで数えるようになりました。

1つずつ数を数えて「残ったのが1だから4の方が1多い」と言うように。

キッズの先生が言うには、何度も何度も数えることによってある瞬間自分の中でストンと理解が出来る時が来る、ということでした。
むすめにその時が来たのかなと思いました。

わたしがもっと教え方がうまくて根気よくやっていれば、もうちょっと理解が早かったかも、でも無理だった><と思うのですが...キッズアカデミーの先生に感謝です。

数ヶ月前にプリントしていた『幼児の学習素材館』さんの
いくつといくつ http://happylilac.net/kazu-ikututo.html の練習プリントを見つけて「やるー」と自分から言いやり始めて、しかも解けていたのにもびっくりしました。
ちょっと違うアプローチの練習プリントの3など解けないと思っていたのだけれど、数えながらだけれど出来ていて理解が出来るとその後は割とすんなりと進むものなのかもしれないです。

それから10までを数えるのに1~10までの途中から、
例えば5~8まで数えるなどは出来るのですが、
10~1までの途中から8~5を数えるのは少しつっかえています。
また最近は、数詞を「これは何て言うの?」と時々聞いてくるようになりました。

生活の中や遊びの中で、盛り込んで教えていきたいです。

ちなみに、どっちが多い?はスナップえんどうでやっていました。
塩ゆでしたスナップえんどうを半分に割ると、だいたい6,7個くらい入っていてちょうど3・4くらいに左右に分かれるんです。
ごはんの時に、スナップえんどうを割ってみせたら飽きずに喜んでやっていました^^;;