読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

キッズアカデミーで:十二支のはじまりのその後

3歳からの幼児教室 絵本好きになる2〜3歳の絵本リスト

3歳4ヶ月

『十二支のはじまり』を絵本で読んだと書きました。
つい先日までぼんやり覚えていただけだった動物の順番も、いつのまにかしっかり覚えて言えるようになっていました。


わたしや夫やおじいちゃんおばあちゃん(LINEのビデオ通話)に聞いてもらい褒められたのに気を良くして...キッズアカデミーの先生にも、何の脈絡もなく...「○○ちゃん、十二支を言えるんだよ~」と言ったらしく。
(なんだか必死になって色々仕込んでいるようで恥ずかしい気持ちになったわたし..^^;; )

先生は丁度十二支の順番に進む迷路をやろうとしていた日で、タイムリーな話題だったと言ってくれました。よかった..。

キッズアカデミーでは知能研究所の取り組みの他に、インタビューと称して季節や身の回りのことをからめつつ色んな質問をしたり、プリントもたまにやるみたい。あいうえおや数字の書き取りなんかも毎回ではないけれどするとのこと。


覚えた知識をアウトプットして褒められたい時期なのかな。
よい機会なので、記憶力いいね~とおだてて色んな事を覚えさせたいです◎
身内以外にも褒められることで、記憶の定着につながるといいな~。


アウトプットについて、、一時保育の先生にパパの職業と内容について事細かに話したらしく...困ったなあ..と思うこともあります。

こちらとしてはパパはどうして忙しいのか、どんなお仕事をしているのかを説明する上でむすめには話したい事なのですが、、外であまり話して欲しくない内容でもあるのでさじ加減が難しいです。

他にも保育園の先生に、「今日はこの後、○○ちゃん(その保育園にフルで通っているむすめのベビーパーク時代からの友達)とキッズアカデミーに行くの~」と言っていました。(○○ちゃんは、保育園を早退して通っている) 

いつもは違う日に通っていてたまたま振替で一緒で、キッズでは会う事はないお友達です。とてもうれしかったのだとは思うのですが、幼児教室のこと先生もいい気はしないかもしれないし...他人を巻き込むのはやめてー。

こういうことってこれから子どもが言わない方がよい、の判断がつくまで続くんでしょうね。