むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

ベビーパーク/キッズアカデミーの英語 説明会

ベビーパーク/キッズアカデミーの英語の通信教育が始まるとのことで、説明会に行って来ました。
詳しくはサイトにアップされています。
先生にもらったチラシよりも、サイトの方が詳しいです。

http://www.babypark.jp/eigo/index.html

要約するとメソッドとしては、
・英語で語りかけを行う
・絵本の読み聞かせ
・英語の掛け流し
・英語のDVDやTV番組を見る
・フラッシュカード

ということのようです。
一緒に説明を聞いていたママさんが、「目新しいことはないですよね」とズバッと言い、ドキッとしました。

でも、この目新しいことではないものにも全く英語と縁がない人→主にわたし、はどう取っ掛かればいいかわからないわけで...

きっと積極的で好奇心旺盛なお母さんなら、話せなくても、教えてもらわなくても、試行錯誤しながらガンガンやってると思います。


ベビーパークはこのプログラムに関して通信教育で以下のようにサポートするそうです。

・英語で語りかけを行う→フレーズ集が毎月もらえる

・絵本の読み聞かせ→オススメの絵本を案内、読み聞かせのポイント解説

・英語の掛け流し→何を掛け流すかは言っていませんでした。これも、オススメのものが案内されるのかな?ダウンロードできるものもあるかも、とは言っていました

・英語のDVDやTV番組を見る→オススメの映像の案内

・フラッシュカード→更新で何十枚~何百枚?か週、もしくは月にダウンロードできる(プリントアウトしてカードを自分で作る)

月に一度ワンポイントアドバイスもあるそうです。


いいなと思ったのはこのプログラムを続けていけば、一人で多読が出来るようになるとのこと。

通信教育は最初から、全24回と決まっています。
月1回なので2年ですね。

2年後の通信が終わった後は、どうつなげていけばよいのでしょうか?と聞いた所、
通信教育の取り組みを繰り返しているうちにお母さん達がコツをつかんできて、必要な取り組みや教材が分かってくるようになる

発語も文章が読めるようにもなったら、プリスクールやwebレッスンで維持する

ということのようです。

教室や保育園など着々と増えている会社ですから、
2年後には、プリスクールやwebレッスンも開講していそうだなと思いました。


正直、自分で出来るような取り組みばかりですし、うちはORTの暗唱をやってるしで受講しなくてもいいような気がするのですが..webでのワンポイントアドバイスがめっちゃ見たい!そんな24回も手順を追って話す事あるのかしら??^^;

絵本はORTではないのでは?って密かに思っています。
冊数が必要だし、まとめて買うとお値段がするから。
もうちょっと本屋で購入しやすそうな1冊単位で購入できる本ではないかな、と想像。




 

<p><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=C7VPOjPYNec&amp;offerid=173416.10000013&amp;type=4&amp;subid=0"><img src="http://www.benesse.co.jp/wk/img/affiliate/300_250b.gif" alt="ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ" border="0" /></a></p>