むすめの幼児教育と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

英語について

英語の取り組みについてまとめたいと思います。

現在、むすめ3歳半

 

◎0歳時期〜2歳前まで

・マイジムに通う

ネイティブの先生がオール英語で一緒に体操をする教室です。むすめは行く度に泣いていました。親から離れて先生と一対一で体を動かす時間があってそれが泣き叫ぶ程イヤでした。結構なお値段もするし、そもそも英語よりも体操を0歳時期からやっている教室がマイジムくらいしかなく通っていたため、辞めました。

今なら分かる。むすめの性格からすると全然合わなかったと!

0歳の頃から元の性格ってあるものなのだと実感しました。

英語として見れば、全然意味がなかったと思いますが日本人だけじゃなく色んな人が世の中にはいるんだとはなんとなく知れたかもしれない。

あと、0歳でも合う合わないはある、ということが分かった...。

 

・家でCDの掛け流しやDVD

主に音楽もののCDを書け流していました。ワールドワイドキッズのDVDやCDやWee Sing Children's Songsなど。

Wee Sing Children's Songs and Fingerplays

毎日かけていたけど、最近 Wee Sing Children's Songsはかけていないな。歌だけでなく少し語りっぽい箇所もあって今の方が効果がありそうな気がする。

 

・ベビーパークで週1に英語の絵本と歌

絵本はORTのステージ1+〜2くらいまでを先生がCDに合わせてめくる。

歌は毎月決まっている歌を手遊びしながら流してみんなで歌う

 

◎2歳〜3歳前半

・ベビーパークで週1に英語の絵本と歌

絵本はORTのステージ1+〜2くらいまでを先生がCDに合わせてめくる。

歌は毎月決まっている歌を手遊びしながら流してみんなで歌う

 

・家でCDの掛け流しやDVD 

でも2歳以前よりは頻度が落ちて、週に2,3回歌をかけたりDVDを見たりすればいい方

 

英語よりも知育の方ばかりやっていました。

取り組み的にどうしたらいいか分からなかったし、地の頭がよくなったら英語もなんとか自分でやるだろう、という心づもりで。

 

◎3歳以降の今年1月

これではダメだ、なんとか英語の取り組みを(できるだけ自分の楽な形で)やっていきたい!と思い立ち、幼児を多読に持っていく方法を実践して効果があった方のカリキュラムを購入。

毎日娘と一緒にORTを音読したり、掛け流しをしています。

 

その矢先、ベビーパーク/キッズアカデミーの英語の通信教育のカリキュラムが始まる。

先走ってカリキュラムを買ったのを少し後悔する..汗でもどっちみちやる方向性としては一緒と思い..

・多読のカリキュラムをする(毎日、フラッシュカード/ORT4冊音読/CD掛け流し2時間)

・フレーズ集を参考に話しかける(時たま)

・CDなしの絵本などを購入して読む(時たま)

・ワールドワイドキッズの教材を利用して遊ぶ(時たま)

・英語のテレビを見る(時たま)

 

などを現在やっています。

 

英語脳が出来上がり、効果が出てくるのは絵本の多読200冊以降とのこと。そこを取り組みの1ステップとして続けてみようと思っています。英語の取り組みについてもこれから、知育と同様書いていきたいと思います。

 

 

ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ