むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

ボール投げと輪投げ

2歳10ヶ月

ベビーパークでやっている取り組みのボール投げもやっと形になってきたこの頃、
運動系は何度も何度も練習して体で覚えていくタイプです。

輪投げをしたことがなかったな、作ってやってみようかなと思っていた矢先
ベビーパークの取り組みでやることに。


できないだろうな..と思いきや、近くからではあるのですが2回中2回とも入ってびっくり。

BPの先生曰く、主に腕まわりの筋肉を発達させるのに役立つ
ネットで仕入れた情報だと、力の向きとコントロール力なんかもつくそうなので、
家でも取り組みにしたいなと思いました。

余談ですが、BPで使用した輪投げには
Baby Parkの刻印が。知育玩具の開発しているんだなあと思いました。
会員ページのところでの販売はまだないようですが..。(安かったら欲しかった)

▼ベビーパークのはこんな形で、色は木の色でシンプルなんですが
輪には数字がついていました。ゲーム性を持たせて長く使えるように工夫されているのかな。
森のわなげあそび
↑これ、エドインターのもので関東だと送料込みで1,944円。
安いのか高いのか今イチ効果的にも微妙なライン。
でもわたしが手作りするとショボクなりそうなので、欲しい..。

最近ワークや工作の取り組みの時間が多いのが気になっていました。
手軽でやりやすかったので、つい手持ち無沙汰の時に使ってしまう。

運動と行って外に出てもあまり大きな動きをしないむすめには、
個人でコツコツやるのが合っているのかも..。