むすめの幼児教育と知育について語りたい。

むすめが1歳5ヶ月の時に幼児教室に通い始めました。現在の習い事は幼児教室、英語、ピアノです。絵本やじっくり手を使った遊びが好きだけれど、体を動かすことには慎重な娘です。

ひらがなに親しむ:ことわざかるた

2歳3ヶ月

ベビーパークでカルタ遊びをしました。
言葉の発達を高めるのに有効なのだそうです。
ことわざなどを何となく響きとして覚えておける、という利点も。

むすめはひらがなを完璧に覚えていないので、カルタはまだ早いと思い取り組みしたことがなかったのです。
BPで今の時期にオススメの取り組みなのであれば、遊びを通してひらがなを覚えるのにもよいという利点もあるので家でもやってみようと思います。


▼現在のむすめのひらがなの進み具合

・自分や家族に関連した文字が読める。街などでも見つけると指差していう
・50音の暗唱を何となくできてきた感じ
・文字を読んでつなげて、1つの言葉としては読めない


やり方
・子ども一人の場合3~4枚カードを並べる。複数でやる時は、子どもの数の2倍くらい
・見つけられない時は、言葉でヒントを出しながら取らせる。(例:犬も歩けば棒にあたるの場合には、犬さんの絵柄だよ~という)
・カードが取れるようになったら、他の3~4枚のカードに変える。繰り返す。慣れたらカードを増やす。


ベビーパークではまだルールを把握できずに、先生が「取って」といったものを取っていました。
初回なのでそれでも◎だと思います。


▼ベビーパークで使用したカルタ
ことわざで構成されています。
あんまり絵柄が好きじゃないんですが、読み札にことわざの意味も書いてあるのがいいです。

犬棒かるた


いもとようこさんのカルタは絵柄がかわいい。読み札とは別カードに詳しく解説が書いてあるようです。
日本のことわざかるた ([かるた])

▼探していたら、フリーダウンロードのものもありました。あいうえおに馴染んだら、ABCやカタカナもこちらを利用してやってみたいです。
http://happylilac.net/karuta-kotowaza.html


わたしはベビーパークと同じものにしてみました。
うちのむすめ、やるかな~..?
 「イヤ!」って言われた時用の、気持ちを盛り上げる言葉を考えておかなきゃ。
それでも「イヤ!」って言われたら、熟成を待つことになります。^^;