むすめの幼児教育と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

ゆきに関する絵本 0〜2歳

わたしの実家は北の方で結構な雪が降ります。

年末実家に戻る上で、むすめに雪について知って欲しくて前もって

絵本を色々読みました。

 

雪の絵本雪の結晶

ゆきがやんだら (学研おはなし絵本)

自分が子どもの頃、雪が降った朝に感じた喜びなんかを思い出しました。

わくわくしつつも、「ゆきがしんしん降る」雪のしずけさも感じられていい絵本だなと思います。


ボリスのゆきあそび (ブルーナのおはなし文庫)

ちいちゃんとゆきだるま (ちいちゃんえほん)

ちいちゃんシリーズです。わたしが子どもの頃、大好きな絵本だったのでむすめにもと思って購入しました。

24日クリスマスイブのお話です。

 


ゆき(バーニンガムのちいさいえほん 1)

お母さんとそり遊びのする内容の絵本。

ジョン・バーニンガムのこのシリーズは、淡々とした短い文章で幼児の日常を描いています。

子どもが身近に感じられる本だからこそ、大好きになるのだと思います。