むすめの日常と知育について語りたい。

現在むすめは、6歳(年長)です。習い事は幼児教室、ピアノ。こだわりが強い性格です。3歳くらいまでお勉強が出来るようにと幼児教室で教えてもらったことを忠実にやっていましたが、幼稚園以降将来のむすめにとって大事なことはそれだけではない、と思うようになりました。

ベビーパーク:Dクラス(2歳2ヶ月)

2歳2ヶ月

ベビーパークへ行って来ました。

振り替えの少し月齢が上の男の子と一緒でした。


何度か一緒になったことがあるのですが、

活発で運動も得意で、理知的な雰囲気もある子で、かわいいなあと思っている

密かにお気に入り(わたしが^^;)の子です。



行く前日、先生にこれ、おうちでもやってみてね~と言って渡された

線を引く練習をするプリントをやりました。



むすめに「やって○○先生に明日渡そうよ!」

と言った所、やりはじめたので(やった~誘導成功!)と思っていました。



終わった後、「明日先生に見せようね」といいながら

明日持っていく用のカバンに入れました。


先生はやってみてね~とは言いましたが、宿題のようにチェックする訳ではありません。


むすめのモチベーションをあげる為にわたしが言ったことだったので、

次の日のベビーパークで

本当に先生に自分から行って渡したのでビックリしました。


なんだか先生を利用して申し訳なかったな..と思いつつ、

褒められてすごくうれしそうだったのでよかったです。


先生に褒められ、活発な男の子と一緒なのもあって、

その後の取り組みの自己紹介やお返事や歌など、大きな声で言い

今までと違って積極性も増したように思います。


少しきっかけがあって自分に自信が持てたのかな、と感じました。


今まで慎重な性格もあって、外での積極性があまり見られなかったので
うれしい日でした。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



ベネッセの幼児向け英語教材 <Worldwide Kids>
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ